ターゲティング手法を統一しアプローチ数・契約率が2倍以上に

株式会社オンリーストーリー

営業リスト作成

株式会社オンリーストーリー

インタビュー責任者

小山 翔太郎 様

TOPICS

  • 属人的な営業体制からの脱却

  • 自社に最適化されたリストをすぐに作れる

  • アポ倍増、契約率も倍増に

今回は、メディア運営や営業代行サービス等のサービスを展開されている株式会社オンリーストーリーの小山様にお話を伺いました。株式会社オンリーストーリー様は、中小企業の経営者様を中心に、『つながりの創出』をテーマに経営課題の解決をなさっています。主な事業としては、経営層向けのメディアサイト「オンリーストーリー」の運営と、BtoB企業専門の決裁者アポ獲得サービスの「チラCEO」を展開されています。 株式会社オンリーストーリー様のサービスにおいて、Musubuはどんな営業課題を解決できたか伺ってみたいと思います。

usecase3  subimg1

属人的な営業体制からの脱却

- まず、御社の営業体制をお教えいただいてもよろしいでしょうか

会社全体での人員は25名です。一般的に営業部と呼ばれる部門が弊社では2つに分割されておりまして、営業活動を行なっているのが営業部、アポを取っているのが取材部という括りになっています。
その中で、Musubuを使わせていただいているのは約10名です。

- 小山様が入社されたのはいつ頃なのでしょうか。

インターン生として2017年1月にジョインしました。当時は取材部で、経営者様へのインタビュアーでした。営業も当時は、役員を除いたら5人くらいでした。

- Musubuを導入される前は、どういった課題を抱えていらしたのでしょうか。

営業・アポ獲得に当たって戦略的かつ効率的にアプローチをできていなかったところです。
交流会、人の紹介、テレアポを軸に営業しているのですが、そのための営業リスト作成は各自が行い、ノウハウを共有できていない点が課題でした。

usecase3  subimg2

自社に最適化されたリストをすぐに作れる

- なるほど。そんな中で弊社のサービスを選んでいただいたのはどういった理由でしょうか。

「情報の質」の面で申しますと、企業概要や他の情報が一目で確認できることが第一に挙げられます。第二に、中小企業の細かい情報が見られる点にメリットを感じました。
また、ターゲットを細かい検索軸でセグメントする事で自社に最適化された営業リストを、すぐに作ることができる点も大きな理由ですね。

- 導入前に課題であった属人的な営業体制は弊社のサービスで解消されていますか。

そうですね。Musubuを使うことで全員共通したターゲティング手法ができるようになったので、属人的な部分はかなり改善されました。
営業人員が増えてきたタイミングでの導入だったので、アプローチ数を増やしつつも個々人のバラツキがなく効率的に営業が行えたと思います。

usecase3  subimg3

アポ倍増、契約率も倍増に

- では導入後の営業活動は数字的にはどのように変化したのでしょうか。

導入前と比べて、見込み客数、アプローチ数ともに当初の2倍以上になりました。また詳細なターゲティングにより、見込みの高そうな企業に絞ることができるようになったので、契約率も倍増しました。

- 実際にMusubuをご利用いただいたときの印象を教えていただけますか。

ユーザーのことを考えたサービス作りという点で秀でているというのが最も印象的でした。
また、ターゲティングからリスト作成、実際に営業を行うまでノンストップですぐにできる点が非常にいいです。あとは価格のプランがシンプルだと感じました。

- ありがとうございます。弊社としてもすぐに営業リストが作成できるところは強みに感じているのですが、具体的にはどういった場面でご活用いただいていますか。

例えば、新規事業の立ち上げで新たなターゲットを想定する場合も、自分たちですぐ営業リストを作成してテストマーケティングまで落とし込めるので、即日性があって凄くいいと感じました。

- なるほど。では今後のサービスに関して、改善点やご要望などがあればぜひ教えてください。

登録されている企業数をもっと増やしていただきたいです。機能としては新しい企業情報だけを抽出できたらありがたいですね。

- サービス導入後の定量的な成果までお話しいただきありがとうございます。
本日はインタビューにお応えいただき、誠にありがとうございました。